Reuters logo
トランプ氏顧問、ロムニー氏の国務長官起用案にTVで否定的見解
2016年11月28日 / 01:36 / 1年前

トランプ氏顧問、ロムニー氏の国務長官起用案にTVで否定的見解

[ワシントン 27日 ロイター] - 次期米政権の国務長官候補として、2012年大統領選の共和党候補ミット・ロムニー氏とジュリアーニ元ニューヨーク市長の名前が挙がる中、今年の大統領選でトランプ陣営の選挙対策本部長を務めたケリーアン・コンウェイ氏は27日、ロムニー氏の起用に否定的な見解を明らかにした。

 11月27日、次期米政権の国務長官候補として、2012年大統領選の共和党候補ミット・ロムニー氏とジュリアーニ元ニューヨーク市長の名前が挙がる中、今年の大統領選でトランプ陣営の選挙対策本部長を務めたケリーアン・コンウェイ氏は、ロムニー氏の起用に否定的な見解を明らかにした。写真はニュージャージー州トランプナショナルゴルフクラブで19日撮影(2016年 ロイター/Mike Segar)

NBCの番組に出演したコンウェイ氏は、ロムニー氏が選挙戦でトランプ氏批判を続け、演説でトランプ氏を「詐欺師」扱いしたことなどを踏まえ、「ロムニー氏のこれらの言動にもかかわらず、国務長官に迎えれば、支持者は裏切られたと感じるだろう」と語った。

また、CNNに対しては「党の結束には全面的に賛成するが、そのために国務長官のポストを用意する必要があるかどうかは分からない」と述べた。

トランプ次期大統領がロムニー氏を国務長官に起用する場合、共和党の結束につながり、トランプ氏に懐疑的な党主流派からの理解も得られる可能性があるとされる。

コンウェイ氏は、次期大統領が国務長官にロムニー氏を選ぶ場合はその決断を支持すると述べたものの、共和党内部からは、同氏が次期大統領に直接伝えるのではなく、テレビ番組で持論を展開したことに批判が出ている。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below