April 9, 2018 / 10:59 PM / 17 days ago

FBI、トランプ氏弁護士の関係先捜索 女性問題口止め料巡り

[ワシントン 9日 ロイター] - 米連邦捜査局(FBI)は9日、トランプ大統領の顧問弁護士であるマイケル・コーエン氏の自宅や事務所など関係先を捜索した。当局筋が明らかにした。

 4月9日、米連邦捜査局(FBI)はトランプ大統領(写真)の顧問弁護士であるマイケル・コーエン氏の自宅や事務所など関係先を捜索し(2018年 ロイター/Carlos Barria)

コーエン氏の代理人、スティーブン・ライアン氏は連邦検察当局の捜索について、モラー特別検察官の事務所からの照会に部分的に基づくとの説明を受けたと述べた。モラー氏は2016年米大統領選へのロシア介入疑惑およびロシアとトランプ陣営の共謀疑惑の捜査を率いている。

コーエン氏は、2016年の大統領選以前にトランプ氏と性的関係を持ったポルノ女優に支払われた口止め料の出所を巡る問題の中心人物。コーエン氏は口止め料13万ドルを自分の資金で払ったと説明している。一方、トランプ大統領は先週、大統領専用機内で記者団に対し、口止め料の支払いについて知らなかったと述べた。

トランプ大統領はコーエン氏に対する捜索について、「恥ずべき事態で、完全な魔女狩りだ」と強く批判。シリア問題に関する会合の冒頭で発言した。

モラー氏を解任する意向があるか問われると、「現在の状況は恥ずべきものだと思う。どうなるかはいずれ分かる」と述べるにとどめた。

コーエン氏はロイターのコメントの求めに応じていない。モラ―特別検察官の報道官はノーコメントとした。

ライアン氏は声明で、ニューヨーク州南部地区連邦検事局がコーエン氏が依頼人と交わした秘密情報を押収したと明かした。また、同検事局が示した捜索令状は「全く不適切で不必要」と批判した。

捜査に詳しい関係筋によると、連邦検察当局はコーエン氏が銀行や税金に関する詐欺を働いた疑惑や、ポルノ女優への口止め料に関して選挙法を違反した可能性のほか、恐らくは大統領選でのトランプ陣営への海外からの支援に関する事案について捜査を行っているという。

別の関係筋によると、当局はホワイトハウスの元広報部長のホープ・ヒックス氏とコーエン氏がやり取りした電子メールも押収。メールには、2016年6月9日にトランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏と娘婿ジャレッド・クシュナー氏らがロシア政府とつながりがあるロシア人弁護士と面会した問題に関する情報も含まれるもよう。コーエン氏はヒックス氏の代理人ではないため、これらのメールは弁護士と依頼者間の秘匿特権の対象とならないという。

FBIの家宅捜索については米紙ニューヨーク・タイムズが第一報を伝えた。

*情報を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below