February 27, 2019 / 7:06 PM / in 19 days

トランプ氏は「詐欺師」、選挙中のメール暴露把握 元弁護士が証言

[ワシントン 27日 ロイター] - トランプ米大統領の元顧問弁護士マイケル・コーエン被告(52)は27日、下院監視・政府改革委員会の公聴会で証言し、2016年米大統領選中に内部告発サイト「ウィキリークス」がヒラリー・クリントン民主党候補に打撃を与える電子メールを暴露する計画についてトランプ大統領が事前に把握していたと明らかにした。

また、大統領選挙中もモスクワで不動産事業を巡る交渉を指示していたとも語った。

コーエン氏は証言の冒頭で「トランプ氏が何者であるかを知っている自分を恥じている。彼は人種差別主義者で、詐欺師だ」と言明。「トランプ氏は国を率いていく願望も意思もない。自分を売り込み、自分の富と権力を膨らませることを欲しているだけだ」と述べた。

コーエン氏によると、トランプ氏は大統領選中だった16年7月、ウィキリークス創設者ジュリアン・アサンジ氏が数日以内にクリントン陣営に打撃を与える内容の電子メールを暴露するという報告を、元側近で偽証罪などで起訴されているロジャー・ストーン被告から電話で受けたという。

ウィキリークスは同年7月22日、米民主党全国委員会(DNC)の内部メールを暴露。メールはロシアのサイバー攻撃によって流出したとされている。

モスクワに高層ビル「トランプタワー」を建設する計画を巡っては、トランプ氏がロシアで事業を進めていないと公言する半面、コーエン氏に対しては事業を巡り複数回問い合わせをしていたことを明らかにした。計画は大統領選前の16年6月まで続いていたという。

コーエン氏は「トランプ氏は大統領選で勝利することは予想していなかったため、嘘をついた。数十億ドルの金が絡んでいたことも背景にある」と述べた。

トランプ氏と不倫関係にあったと主張するポルノ女優ストーミー・ダニエルズさんへの口止め料支払いについては、13万ドルを肩代わりして支払い、メラニア大統領夫人にうそをつくようトランプ大統領から指示を受けたことを明らかにした。

コーエン氏が支払った口止め料はその後、トランプ大統領や長男ドナルド・トランプ・ジュニア氏らが署名した小切手によって返金されたという。

また、トランプ氏に絡む他の不法行為疑惑を認識しているものの、捜査が進められていることから、明らかにはできないと語った。

こうしたコーエン氏の証言はトランプ大統領に大きな痛手を与える可能性がある。ただ、大統領選中にトランプ氏もしくは同陣営とロシアの「共謀」疑惑については、「疑いは持っているが、明確な証拠はない」と語った。

米朝首脳会談のためベトナム訪問中のトランプ大統領はツイッターへの投稿で「コーエン氏の悪事は私とは関係ない。刑期を短縮するためうそをついている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below