July 2, 2018 / 12:48 AM / 20 days ago

米大統領、選挙介入否定する露大統領に首脳会談で説明要求へ=側近

[ワシントン 1日 ロイター] - 米国のトランプ大統領は、近く開催される米ロ首脳会談で、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑を否定したプーチン大統領にさらなる説明を求めるとみられる。米国のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が1日、明らかにした。

 7月1日、米国のトランプ大統領は、近く開催される米ロ首脳会談で、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑を否定したプーチン大統領にさらなる説明を求めるとみられる。写真はプーチン大統領(左)と握手する米国のボルトン大統領補佐官(右)。6月にモスクワで撮影。スプートニク提供(2018年 ロイター)

ボルトン氏は1日、CBSの番組で、先のモスクワ訪問でプーチン大統領と会談した際、16年の米大統領選とともに、今年11月の米中間選挙を標的にしたロシア側の動きを取り上げ、米国の選挙へのロシアの介入を巡る懸念について協議したと明らかにした。

同日のFOXニュースの番組では、ロシアの介入疑惑について「われわれの懸念の1つだ。そのため、トランプ大統領はプーチン大統領とこの問題を再び話し合うつもりだ」と語った。

ボルトン氏によると、プーチン大統領は同氏との会談で「2016年にロシア政府による介入はなかった」と発言した。

ロシアが否定してきた介入問題に最高指導者であるプーチン大統領が言及したことは重要な意味を持つとし、「トランプ大統領はこの点について、プーチン大統領にさらなる説明を求める必要があると思う」と語った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below