August 6, 2018 / 12:13 AM / 4 months ago

トランプ氏、長男のロシア人面会「対立候補の情報入手」のため

 8月5日、トランプ米大統領は、長男のドナルド・トランプ・ジュニア氏が2016年にロシア人弁護士と面会したことについて、大統領選の民主党候補だったヒラリー・クリントン氏に関する情報を入手するためだったとした上で、「完全に合法」だと主張した。米オハイオ州ルイスセンターで4日演説するトランプ氏(2018年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 5日 ロイター] - トランプ米大統領は5日、長男のドナルド・トランプ・ジュニア氏が2016年にロシア人弁護士と面会したことについて、大統領選の民主党候補だったヒラリー・クリントン氏に関する情報を入手するためだったとした上で、「完全に合法」だと主張した。

これまでは、ロシア人の子どもの養子縁組制度について話し合うことが面会の目的だったとしていた。

トランプ氏はツイッターに「対立候補に関する情報を入手することが目的の面会だった。完全に合法で、政治の世界では常に行われていることだ」と投稿した。

また、ロシア関係者と面会したことでジュニア氏が法的な問題に直面することを大統領は懸念していると伝えたワシントン・ポストやCNNの報道を「偽ニュースで、完全な作り話だ」と否定した。

さらに、面会について自身は事前に知らなかったとあらためて主張した。

ロシアによる米大統領選介入疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査では、16年6月にニューヨークのトランプタワーで行われたロシア関係者とジュニア氏らトランプ陣営との面会が1つの焦点になっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below