Reuters logo
米大統領選巡るロシア介入疑惑捜査は年内終了へ=政権特別顧問
2017年8月21日 / 01:00 / 1ヶ月前

米大統領選巡るロシア介入疑惑捜査は年内終了へ=政権特別顧問

 8月18日、米ホワイトハウスのコブ特別顧問はロイターに対し、昨年の米大統領選におけるロシアの介入疑惑の捜査は年内に終了するとの見方を示した。写真はモラー特別検察官。ワシントンで2013年撮影(2017年 ロイター/Larry Downing)

[ワシントン 18日 ロイター] - 米ホワイトハウスのコブ特別顧問はロイターに対し、昨年の米大統領選におけるロシアの介入疑惑の捜査は年内に終了するとの見方を示した。

今月15日と16日にロイターの取材に応じたコブ氏は、トランプ大統領とほぼ毎日協議しているほか、大統領選へのロシア介入疑惑を捜査するモラー特別検察官のチームとも連絡を取っていると説明。

特別検察官の捜査範囲は狭いとし、年末までに大統領周辺を巡る捜査は終わるとの見方を示した。

モラー特別検察官は、トランプ陣営とロシアとの共謀疑惑やトランプ氏の元側近の資金洗浄疑惑を捜査している。

コブ氏は、他の専門家が予想するよりも早期の捜査終結を見込む根拠について具体的に示すことは控えた。

一方、オバマ前政権で次席法律顧問を務めたアンディ・ライト氏は「来年春に捜査の終わりが見え始めれば、ホワイトハウスにとって幸運だろうが、これはかなり楽観的な見通しに思える」と指摘。「非常に複雑な捜査だ」と述べた。

モラー特別検察官の広報担当者は、捜査の日程や範囲、ホワイトハウスとのやりとりに関するコメントを拒否した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below