July 31, 2018 / 10:17 PM / 5 months ago

トランプ陣営元選対本部長の審理始まる、ロシア疑惑で初

 7月31日、ロシアの米大統領選干渉疑惑を巡り、トランプ陣営で選対本部長を務めたマナフォート被告(写真)の陪審審理がバージニア州の連邦地裁で開始した。6月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[アレクサンドリア(米バージニア州) 31日 ロイター] - ロシアの米大統領選干渉疑惑を巡り、トランプ陣営で選対本部長を務めたマナフォート被告(69)の陪審審理が31日、バージニア州の連邦地裁で開始した。ロシア疑惑に絡んだ初の審理となる。

陪審員の選任では、男性6人、女性6人の計12人が選任された。収監中のマナフォート被告はスーツ姿で出廷した。

これに先立ち、トランプ大統領はツイッターで「共謀は犯罪ではないが、そんなことはどうでもいい。共謀なんてなかったのだから(曲者のヒラリーと民主党員らは別だが)!」と述べた。

マナフォート被告は、ウクライナの事業で得た600億ドルの収入を国外の口座に隠したなどとして、18の罪に問われている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below