November 28, 2018 / 1:20 AM / 11 days ago

トランプ氏元側近、ウィキリークス創設者アサンジ氏と密会=英紙

 11月27日、英紙ガーディアンは、2016年の米大統領選でトランプ陣営元幹部だったマナフォート被告が、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者アサンジ氏と2016年3月に密会していたと報じた。写真はマナフォート被告。昨年10月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/JAMES LAWLER DUGGAN)

[ワシントン 27日 ロイター] - 27日付の英紙ガーディアンは、2016年の米大統領選でトランプ陣営元幹部だったマナフォート被告が、内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者アサンジ氏と2016年3月に密会していたと報じた。

ウィキリークスは、16年の大統領選で民主党のクリントン候補に打撃を与えるため、ロシアのハッカーが不正入手したメールを16年に暴露している。ロシアの米大統領選介入疑惑を捜査するモラー特別検察官は、トランプ陣営がこの件を事前に把握していたかどうかに重大な関心を寄せている。

ガーディアン紙によると、マナフォート被告は、ロンドンのエクアドル大使館で、ウィキリークスがメールを暴露する数カ月前の16年3月にアサンジ氏と密会していた。また、2013年と15年を合わせて少なくとも3回にわたりアサンジ氏と面会していたという。

マナフォート被告はスポークスマンを通して、ガーディアン紙の報道内容は完全に間違っており中傷的だと批判。アサンジ氏や同氏と関係がある人物とは面会していないと主張し、ガーディアン紙に対する全ての法的選択肢を検討していると明らかにした。

ウィキリークスも記事内容を否定しており、ガーディアン紙を訴える用意があると明らかにした。

一方、ガーディアン紙の広報担当者は声明で「記事は多数の情報源に依存している。発行前にこれらの疑惑についてマナフォート被告とアサンジ氏双方の代表に提示したが、両者の密会を否定する回答はどちらからもなかった。その後両者が否定していることを記事に反映させた」と説明した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below