March 25, 2019 / 9:16 AM / a month ago

米ロ関係「リセット」の好機=米特別検察官の報告受けロシア議員

[モスクワ 25日 ロイター] - 2016年米大統領選へのロシア介入疑惑を巡る捜査でモラー特別検察官がトランプ陣営とロシアの共謀を認定しなかったことを受けて、ロシアの有力議員コンスタンチン・コサチョフ氏は25日、米ロ関係を「リセット」する好機だとの認識を示した。

同議員は「いずれにしても、われわれの関係を大きくリセットする好機だが、トランプ氏がそのリスクを冒すかという問題が残っている。もちろん、われわれの用意はできている」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below