March 26, 2019 / 8:13 PM / 3 months ago

ロシア疑惑捜査報告書、「数週間内」に詳細公表へ=米当局者

 3月26日、バー米司法長官は、ロシアの大統領選干渉疑惑に関するモラー特別検察官の捜査報告書について、数週間以内に一般向けに公表する方針と、司法省の当局者が明らかにした。写真はバー長官が議会に提出した報告書の概要。24日撮影(2019年 ロイター/JIM BOURG)

[ワシントン 26日 ロイター] - バー米司法長官は、ロシアの米大統領選干渉疑惑に関するモラー特別検察官の捜査報告書について、数週間以内に公表する考えだ。司法省の当局者が26日明らかにした。

当局者は、報告書の一般公表版を「数カ月内ではなく数週間内に」公開する計画だと明言した。議会民主党は報告書を4月2日までに全文公開するよう求めている。

同当局者は、事前に報告書の内容についてホワイトハウスと情報を共有する計画はないと述べた。

報告書には大陪審で非公開で行われた証言に基づく情報が含まれており、連邦法では通常、このような情報の一般公開は禁じられている。

また、モラー特別検察官が他の検事事務所に捜査を付託した案件に関する情報も含まれている。

バー長官は、一般公表版の準備が整うのがいつになるのかまだ明らかにしていない。

司法省はまた、来週までに議会への公表を求める民主党の要請についてコメントしていない。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below