January 30, 2018 / 3:20 AM / 9 months ago

米下院情報委、ロシア疑惑捜査に偏向ありとの機密文書公表を可決

[ワシントン 29日 ロイター] - 米下院情報特別委員会は29日、ロシア政府による米大統領選干渉疑惑に関する司法省の捜査に反トランプ偏向がみられるとする機密文書の公表を可決した。情報委の民主党トップ、アダム・シフ議員が述べた。

 1月29日、米下院情報特別委員会は、ロシア政府による米大統領選干渉疑惑に関する司法省の捜査に反トランプ偏向がみられるとする機密文書の公表を可決した。情報委の民主党トップ、アダム・シフ議員(写真)が述べた。写真はワシントンで昨年11月撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)

今回公表される機密文書は情報委のニューネス委員長の指示により作成された。

複数の下院議員によれば、同メモではモラー特別検察官の調査を批判しているという。民主党は同文書が「非常に誤解を招く」内容であり、疑惑捜査を弱らせると非難している。

情報委の可決を受け、トランプ米大統領は最大5日以内に機密文書の公表について決定する。ホワイトハウスのサンダース報道官は29日、決定した事実はないと述べた。

共和党員は同文書について、トランプ大統領に対する危険な偏向捜査を暴露するものだと指摘。一方、民主党員は同文書がトランプ大統領を守るために党派的な内容となっており、捜査から気をそらすものとしている。

またシフ議員は、情報委が共和党の極秘文書に対抗する民主党の草案文書の公表について否決したことも明かした。

情報委で調査を指揮する共和党のコナウェイ議員は、否決理由について、同草案を下院で読む機会がまだなかったためとした。コナウェイ議員によれば、情報委は下院議員が同草案を読むことに合意しており、今後公表するかどうかを検討するという。

情報委で機密解除プロセスが用いられたのは初めて。

司法省はコメントを避けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below