for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米民主下院トップ、司法長官に辞任要求 ロシアとの接触報道受け

 3月1日、米民主党のペロシ下院院内総務(写真中央)は、セッションズ司法長官が昨年に駐米ロシア大使と接触したことを議会の承認公聴会で明かしていなかったと米紙ワシントン・ポストが報じたことを受け、セッションズ長官に辞任を求めた。写真は2月のトランプ大統領上下両院合同会議演説が行われた際に撮影(2017年 ロイター/Jim Lo Scalzo)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米民主党のペロシ下院院内総務は1日、セッションズ司法長官が昨年に駐米ロシア大使と接触したことを議会の承認公聴会で明かしていなかったと米紙ワシントン・ポストが報じたことを受け、セッションズ長官に辞任を求めた。

ペロシ氏は声明で、「セッションズ氏はわが国の法執行官のトップにふさわしくなく、辞任する必要がある」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up