April 3, 2019 / 4:00 PM / 22 days ago

米下院司法委、モラー報告書召喚認める 政府の対応見えず

4月3日、米議会下院の司法委員会は、 ロシアの米大統領選介入疑惑を巡ってモラー特別検察官が提出した捜査報告書と関連証拠の全面公開に向け、賛成多数で召喚を認めた。ワシントンの米議会。3月撮影(2019年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米議会下院の司法委員会は3日、 ロシアの米大統領選介入疑惑を巡ってモラー特別検察官が提出した捜査報告書と関連証拠の全面公開に向け、賛成多数で召喚を認めた。

賛成24票、反対17票だった。民主党が賛成し、共和党が反対した。バノン元上級顧問、マクガーン元法律顧問らトランプ氏側近5人の証言要求なども認めた。

モラー報告書について、バー司法長官は4月半ばまでに編集済みの文書を公表する考えを表明。法律で公にできなかったり、プライバシーを侵害したりする恐れがある機密の大陪審情報や情報源など一部を公表前に編集する必要があると説明している。

司法省がすべての文書を公開するかは不透明だ。政府が召喚を無視する可能性があり、長期の法廷闘争に発展する恐れも指摘される。

*写真とカテゴリーを追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below