December 14, 2018 / 11:10 PM / 3 months ago

米首席補佐官代行にマルバニー氏、トランプ大統領が指名

12月14日、トランプ米大統領は、大統領首席補佐官代行にマルバニー行政管理予算局(OMB)局長(写真)を指名するとツイッターで発表した。ホワイトハウスで2018年1月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 14日 ロイター] - トランプ米大統領は14日、大統領首席補佐官代行にミック・マルバニー行政管理予算局(OMB)局長を充てるとツイッターで発表した。

トランプ氏は「大統領首席補佐官のポジションを望んでいる人が多数いた。ミック・マルバニー氏は素晴らしい仕事をするだろう!」と投稿した。

元下院議員のマルバニー氏は、減税や歳出削減を信条とする下院の保守強硬派「フリーダム・コーカス(自由議連)」を立ち上げた。

マルバニー氏はOMB局長との兼務となる。

トランプ大統領はここ数カ月、現職のケリー首席補佐官との関係が悪化する中、ペンス副大統領の首席補佐官ニック・エアーズ氏に大統領補佐官のポストを打診してきた。しかし、エアーズ氏は就任を辞退した。

トランプ氏は、多くの有能な候補者がおり全員と面接できないと話していた。ただ、マルバニー氏指名発表の数時間前には、元ニュージャージー州知事のクリス・クリスティー氏が辞退を表明している。

関係筋によると、トランプ氏の娘婿のクシュナー上級顧問やライトハイザー通商代表部(USTR)代表も候補に挙がっていた。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below