Reuters logo
米下院情報特別委員長、トランプ氏通話傍受巡り謝罪
2017年3月24日 / 06:15 / 8ヶ月後

米下院情報特別委員長、トランプ氏通話傍受巡り謝罪

[ワシントン 23日 ロイター] - 米下院情報特別委員会のデビン・ニューネス委員長(共和党)は23日、トランプ米大統領の通話傍受に関する情報の取り扱い方をめぐり、委員会メンバーに謝罪した。

 3月23日、米下院情報特別委員会のデビン・ニューネス委員長(共和党)は、トランプ米大統領の通話傍受に関する情報の取り扱い方をめぐり、委員会メンバーに謝罪した。写真はワシントン米連邦議会議事堂で20日、ロシアの米選挙干渉疑惑について、ジェームス・コーミーFBI長官とマイク・ロジャース米国家安全保障局長官に審問を行うデビン・ニューネス委員長(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

同氏は22日、トランプ大統領の政権移行チームのメンバーのやりとりが、外国人を対象にした米情報機関の監視活動の中で偶然収集された可能性があるとの情報を委員会に通知しないでメディアに公表。ホワイトハウスにも伝えたことから、民主党から批判が上がっていた。民主党は、情報特別委員会が信頼できる調査を行えるか疑問だと指摘した。

同委員会は、ロシア政府による昨年の米大統領選への干渉疑惑を巡り、ロシア側とトランプ氏周辺との間に関係がなかったかどうかを調査している。

委員会の共和党側近は23日、ニューネス委員長がこの問題について、委員会メンバーに謝罪したと明らかにした。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below