Reuters logo
EXCLUSIVE-米国務長官がNATO外相会議欠席へ、ロシア訪問控え=政府筋
2017年3月21日 / 03:05 / 8ヶ月後

EXCLUSIVE-米国務長官がNATO外相会議欠席へ、ロシア訪問控え=政府筋

[ワシントン 20日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は、4月6―7日とみられる米中首脳会談に同席するため、同5―6日の北大西洋条約機構(NATO)外相会議への出席を見合わせる予定だ。4人の米政府筋が20日明らかにした。同長官は4月12日にロシア訪問を控えているといい、NATOに対するロシアの懸念に配慮したものとみられる。

トランプ大統領はロシアのプーチン大統領を尊敬しているとたびたび話している。国務長官はエクソンモービル会長としてロシア政府と長年仕事をしており、対ロ制裁が米企業に及ぼす悪影響について疑問を呈したことがある。

元米国政府筋2人は、国務長官のロシア訪問とNATO外相会議の欠席は、トランプ大統領が大国との取引を重視し、安全保障面で米国に依存している規模の小さい国々を後回しにしているとの認識を与える危険性があると指摘した。

国務長官のNATO外相会議への欠席やロシア訪問について、国務省のマーク・トナー報道官からのコメントは得られていない。

NATOの元外交筋は、外相会議の日程変更などで、国務長官が出席できる方法が見つかることを望むと主張。ロシアに対し共同戦線を張ることが不可欠であると述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below