for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

トランプ氏、批判的なツイッター利用者41件のブロックを一部解除

 8月28日、トランプ米大統領は、ツイッターでブロックしていた一部アカウントに対し、ブロック解除を行った。連邦地裁で5月に、ブロックにより同大統領をフォローできないようにすることは違憲だとの判断が下されていた。写真はトランプ大統領のツイッターページ。(2018年 ロイター/@realDonaldTrump/Handout )

[ワシントン 28日 ロイター] - トランプ米大統領は28日、ツイッターでブロックしていた一部アカウントに対し、ブロック解除を行った。連邦地裁で5月に、ブロックにより同大統領をフォローできないようにすることは違憲だとの判断が下されていた。

地裁のバックウォルド判事はこの際、大統領や政府当局者のアカウントによるツイッターの投稿は公共の討論の場だと指摘。利用者の意見に基づいてブロックすることは、言論の自由を保障する憲法修正第1条に違反しているとの見解を示した。

コロンビア大学とナイト財団が設立した、デジタル世代における言論の自由を守る団体「コロンビア大学憲法修正第1条に関するナイト研究所」は8月10日、トランプ氏のアカウント(@RealDonaldTrump)が依然としてブロックしているアカウント41件のリストを司法省に提出した。訴訟を起こしていたアカウント7件は、6月にブロックを解除されていた。

この41件の利用者には、トランプ氏やその政策を批判した映画プロデューサー、脚本家、写真家、作家が含まれている。このうち、少なくとも20人はツイッターで、トランプ氏のアカウントから28日にブロックが解除されたと明らかにした。

トランプ氏にブロックされているアカウントはほかにもあるとみられる。コメディアンのロージー・オドネルは28日夜、まだブロックされたままだと投稿した。

ホワイトハウスは28日夜時点で、コメントに応じていない。

トランプ大統領のツイッターアカウントには5410万人のフォロワーがいる。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up