August 8, 2018 / 6:02 AM / 2 months ago

西ハリウッド市議会、トランプ米大統領の星型プレート撤去を勧告

[7日 ロイター] - 米ロサンゼルスにある観光名所、ハリウッドの殿堂(ウォーク・オブ・フェイム)で7月にトランプ米大統領の星形プレートが破壊された事件を受け、西ハリウッド市議会は6日午後、プレートの撤去を満場一致で決定した。

 8月6日、米ロサンゼルスにある観光名所、ハリウッドの殿堂(ウォーク・オブ・フェイム)で7月にトランプ米大統領の星形プレートが破壊された事件を受け、西ハリウッド市議会はプレートの撤去を満場一致で決定した。法的拘束力はない。写真は、7月25日につるはしで破壊されたプレート(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

この決議は、「殿堂」を運営するハリウッド商工会議所に対し撤去を勧告するものだが、法的拘束力はない。

決議は、トランプ大統領が同市の価値観を反映していないとし、大統領からセクシャルハラスメントを受けたという複数女性の訴えや、メキシコとの国境で拘束した不法移民の親子を引き離す政策に言及した。

同大統領の星型プレートは政界入り前、テレビ番組「アプレンティス」などの司会者として有名になっていた2007年に作られた。その後、15年の出馬表明以来、さまざまな反トランプ派により破壊され、つるはしなどを使った破壊事件も2回あったが、いずれもすぐに修復された。

ハリウッド商工会議所がこれまでにプレートを撤去した例はなく、市議会からの勧告を拒否。NBCニュースによると、ガブラー会頭は「現時点で、殿堂から星を撤去する計画はない」との声明を発表した。勧告については次の会議で検討するという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below