October 29, 2019 / 6:16 PM / 16 days ago

トランプ氏の対ウクライナ圧力に懸念、政権当局者が初の議会証言

[ワシントン 29日 ロイター] - 米ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)メンバーであるアレクサンダー・ビンドマン陸軍中佐が29日、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領の弾劾調査を進める下院の3委員会で証言した。

NSCで欧州問題責任者を務めるビンドマン氏は、トランプ大統領がウクライナのゼレンスキー大統領に政敵のバイデン前副大統領の調査を求めたことを懸念し、ホワイトハウスの弁護士に国家安全保障の観点から問題を報告したと明かした。

ホワイトハウス当局者がトランプ氏の弾劾調査で証言したのは初めて。また、7月25日に行われたトランプ氏とゼレンスキー氏の電話会談を聞いた当局者が証言したのも初めてとなった。

ビンドマン氏は冒頭の声明で「電話に懸念を覚えた」と述べた上で、「外国政府に米市民の調査を求めることが適切とは思わなかった。米政府のウクライナ支援に関する暗示について懸念した」と語った。

また「ウクライナがバイデン氏と(息子のハンター氏が幹部を務めた同国のガス会社)ブリスマへの調査に入れば、これまでの与野党を超えたウクライナ支援が間違いなく終わる党派的な行為と受け止められると認識した。これは米国の安保を弱体化させる」と話した。

ビンドマン氏は電話会談後、NSCの主任弁護士に懸念を報告。電話会談の内容はその後、内部関係者による告発を経て弾劾調査の開始につながったが、ビンドマン氏は自身がその内部告発者であることは否定した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below