for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米EU大使、17日に下院証言へ ウクライナ疑惑巡り

[ワシントン 11日 ロイター] - ゴードン・ソンドランド欧州連合(EU)大使が17日に、トランプ大統領の弾劾調査を主導する下院委員会の召喚状に応じ、証言する見通しになった。同氏の弁護士が11日明らかにした。

ソンドランド氏の証言は当初8日に予定されていたものの、トランプ政権が拒否していた。

同氏の弁護士は声明で「国務省は現在、証言に反対する方針だが、ソンドランド大使は下院委の召喚状を尊重し、17日に証言する」と述べた。下院委が要請している文書については、ソンドランド氏には提出する権限がないものの、証言前に提出されることを望んでいるとした。

トランプ統領が来年の米大統領選で野党民主党の最有力候補と目されるジョー・バイデン副大統領と息子の調査をするようウクライナに圧力を掛けたとされる疑惑を巡り、下院民主党は大統領弾劾調査を開始。ソンドランド氏の証言も調査の一環として行われる。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up