Reuters logo
米大統領の「盗聴」発言、証拠探しになお時間=司法省
2017年3月14日 / 02:16 / 8ヶ月後

米大統領の「盗聴」発言、証拠探しになお時間=司法省

[ワシントン 13日 ロイター] - 米司法省は13日、トランプ大統領が昨年の大統領選でオバマ前政権に盗聴されたと主張している問題について、証拠を示すよう求める議会に対し、なお時間が必要だと述べた。

この問題で下院情報委員会は司法省に書簡を送り、13日までに証拠を示すよう要請していたが、同省スポークスマンは「要請を検討し、それに対応した資料が存在するかを見極めるために」さらに時間が必要との見解を示した。

これに対し、下院情報委は20日に予定されている公聴会までに対応するようあらためて要請。できない場合は召喚命令を出すことも示唆した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below