December 17, 2019 / 2:56 AM / a month ago

エルドアン氏の基地発言、トルコ国防相に真意聞く必要=米国防長官

[米軍機上 16日 ロイター] - エスパー米国防長官は16日、トルコのエルドアン大統領が米国の戦略核弾頭の配備先でもあるトルコ国内の空軍基地を閉鎖すると発言したことについて、真意を探るためにトルコの国防相と話す必要があると述べた。

エルドアン大統領の15日の発言は、米国がトルコ制裁をちらつかせ、米上院で約1世紀前のオスマン帝国によるアルメニア人殺害事件を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定する決議案が可決したのを受けたもの。大統領は、レーダー基地として使われているキュレジック基地も閉鎖できると述べた。

エスパー氏は記者団に、この発言については新聞で知ったと明らかにしたうえで、「発言の真意、どれだけ真剣かを理解するためにトルコの国防相と話す必要がある」と語った。

また、キュレジック基地の閉鎖を真剣に考えているなら、北大西洋条約機構(NATO)で協議する必要があると指摘。

「トルコは主権国家であるため、NATOの基地あるいは外国の軍隊を受け入れるかどうかについて決定する固有の権利がある。ただ、トルコの発言が真剣なものならば、(NATOの)同盟や同盟へのコミットメントに関わる問題だ」と続けた。

「他の多くの行動と同様、NATOの同盟に関するトルコの方向性がまたしても問題となっている」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below