for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米北東部・カナダで大雪、数千便欠航 10万件超の停電も

米北東部を襲っている大雪が17日、ニューイングランド地域やカナダで勢力を強めている。数千便が欠航となったほか、メーン州からジョージア州の広い地域にかけて10万超の世帯や企業が停電となっている。ワシントンで撮影(2022年 ロイター/Mike Theiler)

[17日 ロイター] - 米北東部を襲っている大雪が17日、ニューイングランド地域やカナダで勢力を強めている。数千便が欠航となったほか、メーン州からジョージア州の広い地域にかけて10万超の世帯や企業が停電となっている。

航空機の運航状況を追跡するウェブサイト「フライトアウェア」によると、17日午前時点で2200便超が欠航または遅延。16日には3000便超がキャンセルとなっていた。

米国内の停電情報を提供するサイト、パワーアウテージ・ドット・USによると、米東部の停電は12万8000件を超えている。

米東部は16日、激しい冬の嵐に見舞われ、ジョージア、バージニア、ノースカロライナ、サウスカロライナ各州の知事は非常事態を宣言した。ジョージア州では4年ぶりの降雪となった。

米国立気象局(NWS)によると、バーモント、ニューハンプシャー、メーン州の一部では17日にさらに最大30センチの積雪が予想されるという。

カナダ環境当局によると、カナダ南東部の大半に悪天候の警報が出されているほか、最大都市トロントでは最大60センチの積雪が予想されている。トロント・ピアソン国際空港では、3分の1超のフライトがキャンセルとなっている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up