for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米竜巻被害のケンタッキー州、養鶏所や穀物施設も被災

 12月13日、米ケンタッキー州を襲った竜巻は、農業機械大手ディア・アンド・カンパニーや鶏肉加工大手ピルグリムズ・プライドといった企業の施設にも大きな被害をもたらした。被害を受けた住宅、同州メイフィールドで13日撮影(2021年 ロイター/Cheney Orr)

[シカゴ 13日 ロイター] - 10日に米ケンタッキー州を襲った竜巻は、農業機械大手ディア・アンド・カンパニーや鶏肉加工大手ピルグリムズ・プライドといった企業の施設にも大きな被害をもたらした。

ケンタッキー州農業コミッショナーのライアン・クオールズ氏は13日「ケンタッキーでは竜巻の通過経路は200マイル(320キロ)に及び、穀物の流通システムや養鶏所、倉庫が被害を受けた」と語った。

ニワトリはケンタッキー州最大の農産品。クオールズ氏によると、少なくと十数カ所の鶏舎が倒壊した。州は環境保護局(EPA)とともに、被害を受けた鶏舎のニワトリを殺処分するという。

ピルグリムズ・プライドは声明で、同社の養鶏所1カ所は全壊、別の養鶏所は来春まで稼働できない見通しであることを明らかにした。壊滅的な被害を受けた同州メイフィールド近辺の農家に対しては、他の企業がニワトリを提供するという。

メイフィールドは同州の農業生産の中心地で、農産品売上高は州全体の6%を占める。クオールズ氏は、穀物業者メイフィールド・グレインはメイフィールド内で600万ブッシェルの穀物を保管していたが、一部の施設では屋根が吹き飛ばされたと話した。

ツイッターには、貯蔵トウモロコシがむき出しになっている様子を捉えた空撮写真が投稿されている。

ディア製品の販売会社ハットソンでは、メイフィールドの旗艦店が倒壊した。同社のジョシュ・ワゲナー最高経営責任者(CEO)はウェブサイトに掲載した声明で、「(従業員は)がれきの山をかきわけて使える機具を回収し、甚大な被害を受けた隣接するろうそく工場での救援作業を支援している」と語った。

ディアは、ハットソンと連係してメイフィールドに金銭的な支援を行うとしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up