July 30, 2018 / 3:25 AM / 3 months ago

米カリフォルニア州の山火事、退役軍人が動物救出に奔走

[コットンウッド(米カリフォルニア州) 29日 ロイター] - 米カリフォルニア州の山火事で、海兵隊の退役軍人タッカー・ジマーマンさんが避難住民の家畜やペットなどの動物救出に尽力している。

 7月29日、米カリフォルニア州の山火事で、海兵隊の退役軍人タッカー・ジマーマンさんが避難住民の家畜やペットなどの動物救出に尽力している。救出に使用している大型トレーラーと。同州シャスタ郡で28日撮影(2018年 ロイター/Alexandria Sage)

トラクター用の備品販売を仕事とするジマーマンさんは、仕事のために借りた大型トレーラーで避難区域を毎日回り、残された動物たちを救出。パニックに陥った馬などを「移動させただけ」と控えめに話す。

28日には、ある避難地域で5頭の馬を救出し、さらに近隣からの救助要請に対応。25日から農場主らが受け入れのため開放している馬小屋やロデオ会場、農場敷地内などに移送した。

6歳の馬を助けてもらった住民のノア・アーバンさんは、「人間性に対する信頼を取り戻させてくれた」と話し、ジマーマンさんが「動物を助けるだけでなく、住民のストレスを和らげる手助けもしてくれた。馬を残していくのは、子供を失うようなものだったから」と感謝した。

ジマーマンさんは「軍にいたころは動物を飼えなかったが、私は動物好きだ」と述べた。

ジマーマンさんは1人ではない。ソーシャルメディアやテキストメッセージ、ラジオ、口コミなどを通じて動物好きな人々や動物管理当局が連携し、動きが取れなくなった動物を救出する動きも拡大。ボランティアが動物たちの引き取り先探しに加え、避難により飼い主が世話をできなくなったとして持ち込まれる犬や猫を引き取るなどしているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below