for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米カリフォルニア州、強風で山火事被害が拡大

 8月17日、米カリフォルニア州で山火事被害が広がっている。写真は焼け落ちた残骸。カリフォルニア州 で撮影(2021年 ロイター/Fred Greaves)

[ポロックパインズ(米カリフォルニア州) 17日 ロイター] - 米カリフォルニア州で山火事被害が広がっている。17日の強風によって、同州で起きている山火事の中で最大の「ディキシー・ファイア」が拡大したほか、より小規模な山火事が山間部の集落に燃え広がった。

7月中旬にサンフランシスコの北東にあるシエラネバダ山脈で発生したディキシー・ファイアは同州史上2番目の規模の山火事で、州の消防当局によると、延焼面積は17日午前の時点で60万4000エーカーに拡大した。

これにより住宅など約1200棟が焼失し、さらに1万6000の建物に焼失の恐れがあるとされている。避難している住民は1万2000─2万8000人と推定されている。

一方、サクラメントの東約100キロの場所でも17日、より小規模な山火事が強風によってエルドラド郡の山村、グリズリーフラッツに燃え広がった。

電力大手パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック(PG&E)は、風で送電線が火元となるのを防ぐため、州北部で計画停電に踏み切った。18郡で計5万1000の家庭や企業が影響を受ける見込みという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up