for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三沢基地の米戦闘機、離陸直後にエンジン火災 燃料タンクを湖に投棄

 2月20日、午前8時40分ごろ、青森県の三沢基地(青森県三沢市)を離陸した在日米軍のF16戦闘機にエンジン火災が発生した。F16は基地のすぐ北側の小川原湖に燃料タンク2基を捨てた後、基地に帰還した。写真はF16戦闘機。米空軍提供(2018年 ロイター)

[東京 20日 ロイター] - 20日午前8時40分ごろ、青森県の三沢基地(青森県三沢市)を離陸した在日米軍のF16戦闘機にエンジン火災が発生した。F16は基地のすぐ北側の小川原湖に燃料タンク2基を捨てた後、基地に帰還した。

小野寺五典防衛相が20日午前の閣議後会見で明らかにした。

けが人や被害の情報はないという。燃料の流出状況など、防衛省は在日米軍からの情報収集を急いでいる。

久保信博※

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up