November 29, 2018 / 8:28 PM / 11 days ago

米・加・メキシコ、新貿易協定の詳細でなお交渉 翌日に署名控え=当局者

[オタワ 29日 ロイター] - 米国、カナダ、メキシコの3カ国が北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる新貿易協定の署名を翌日に控えながらも、 協定の最終的な文言のすり合わせ作業を終えていないことが29日、当局者の話で明らかになった。

3カ国は新貿易協定「米・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」について、期限としていた9月30日までにかろうじて合意。アルゼンチンで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)に3カ国の首脳が出席する際、30日に署名を行う予定だが、米国とカナダとの間で見解の相違が埋まらず、29日現在、詳細を巡る協議はなお継続している。

カナダ当局者は、3カ国が最終的な協定に署名するのか、交渉が難航している事案を先送りするのかは現時点では明らかになっていないと指摘。カナダのフリーランド外相は訪問先のブエノスアイレスで「詳細の最終化に向け、鋭意作業を進めている」と述べた。

メキシコの関係筋は、法律上の見直しや文書の翻訳などが行われつつあるとし、重要な変更がある可能性は否定した。

関係筋によると、署名予定日の前日まで交渉がずれ込むことはかなり異例の事態となる。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below