Reuters logo
五輪=米五輪委トップが選手の抗議支持、平昌での膝つき容認も
2017年9月26日 / 02:01 / 1ヶ月前

五輪=米五輪委トップが選手の抗議支持、平昌での膝つき容認も

[パークシティー(米ユタ州) 25日 ロイター] - 米国オリンピック委員会(USOC)のスコット・ブラックマン最高経営責任者(CEO)は25日、韓国で来年開催される平昌冬季五輪で選手らが政治的意見を表現することを支持すると述べた。

 9月25日、米国オリンピック委員会のスコット・ブラックマンCEO(写真)は、韓国で来年開催される平昌冬季五輪で選手らが政治的意見を表現することを支持すると述べた。米カリフォルニア州レッドウッドシティーで2014年12月撮影(2017年 ロイター/Kyle Terada-USA TODAY Sports)

米ナショナル・フットボールリーグ(NFL)では24日、試合前の国歌斉唱時に人種的不平等に抗議して片膝をつく選手が100人を超える規模に拡大。

ブラックマン氏は「選手が抗議するのは母国を愛しているから。その逆ではない」と発言。「選手やすべての人が自分の考えを表現できるよう全面的にサポートする」と語った。

米国のボブスレー選手、エラナ・マイヤーズは「NFL選手の行動を尊敬する。社会が変わる余地は多い」としながらも、「五輪で母国の国歌が聞けるのは金メダルを獲得した時だけ。どうするかはそのときに判断するしかない」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below