January 5, 2018 / 3:56 AM / 8 months ago

昨年の米国の音楽売上、ヒップホップやR&Bがロックを超える

[ロサンゼルス 4日 ロイター] - 調査会社ニールセン・ミュージックが3日発表したリポートによると、2017年の米国音楽売り上げで、R&B/ヒップホップが全体の24.5%を占め、初めて最大の音楽ジャンルとなった。2番目がロックで20.8%を占めた。

 1月4日、音楽調査会社ニールセン・ミュージックのリポートによると、2017年の米国音楽売り上げで、R&B/ヒップホップが全体の24.5%を占め初めて最大の音楽ジャンルとなった。2番目がロックで20.8%。写真はラッパーのケンドリック・ラマー。2016年9月撮影(2018年 ロイター/Andrew Kelly)

ニールセン・ミュージックのデータは、アルバム本体および収録曲の販売、ストリーミング再生数などを集計したもの。

また、昨年最大のヒットアルバムは英歌手エド・シーランの「ディバイド」だったが、ケンドリック・ラマーの「ダム」(2位)、ドレイクの「モア・ライフ」(4位)などトップ10アルバムのうち7枚がラップやR&Bだった。オンデマンドのオーディオ・ストリーミングの急増が背景にある。

ロック人気の陰りを反映して、今週発表された4月にカリフォルニア州で開催される「コーチェラ・フェスティバル」の出演リストでは、19年の歴史で初めてヘッドライナーにロックのアーティストが入らなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below