September 21, 2018 / 9:58 AM / a month ago

インタビュー:米自動車関税や数量規制が最大の課題=武藤敏郎氏

[東京 21日 ロイター] - 武藤敏郎・大和総研名誉理事(元財務次官・元日銀副総裁)は21日、ロイターのインタビューで、日米通商交渉(FFR)で自動車産業がどのような影響を受けるかが日本経済最大の課題であると指摘した。その上で、米国側が高関税や数量規制導入などについて提案する可能性に懸念を示した。

 9月21日、武藤敏郎・大和総研名誉理事(元財務次官・元日銀副総裁)はロイターのインタビューで、日米通商交渉(FFR)で自動車産業がどのような影響を受けるかが日本経済最大の課題であると指摘した。その上で、米国側が高関税や数量規制導入などについて提案する可能性に懸念を示した。都内で2012年9月に撮影(ロイター/Yuriko Nakao)

2019年10月に予定されている消費税率引き上げについては、予定通りの実施を期待。景気は今後、下降局面入りする可能性があり、19年を逃せば増税は難しいとの見解を示した。日銀の金融政策については、さらなる緩和強化余地がないため、今後は財政政策の負担が大きくなると述べた。

安倍晋三首相と茂木敏充経済財政相は23日以降、相次いで訪米し、通商問題に関し、突っ込んだ意見交換を行う見通し。

武藤氏は「米国が検討中の自動車追加輸入関税と、環太平洋連携協定(TPP)の水準を下回る農産品の関税引き下げ要求からは、(日本の権益を考え、日本の立場を)守って欲しい」と強調した。

特に自動車を巡っては、「日本から米国への直接輸出は年間4兆5000億円、(メキシコなど)第三国から米国への日本ブランド車輸出は同4兆円、日本からの部品輸出が1兆円。合計9兆5000億円の対米自動車関係輸出に20%の関税がかけられると、1兆7000億─8000億円の関税額となる。トヨタ(7203.T)は影響額が4000億円を超えると言われている」と指摘。「日本にとって最大の課題は、自動車関税だ」と日米通商協議の先行きに強い警戒感を示した。

武藤氏は、こうした情勢を踏まえ「仮に米国が20%などの輸入関税を日本車に課せば、日本メーカーは販売価格の引き下げで対応するため、収益が大幅に悪化する。吸収できない分は米国の販売価格を上げざるを得ないため、生産・輸出台数に影響が出る」と述べた。その上で自動車産業は「非常に裾野が広いため、代わり得るリーディング産業は見当たらない」と懸念を示した。

一部で可能性が指摘されている対米自動車輸出の数量規制については「米国には成功体験があるため、魅力的と考えている」と述べるとともに、日本もかつて実施したことがあるが「一度導入すると見直しが難しく、日本経済に厳しい結果となる」と語った。

政府・与党内では、日米通商交渉の結果、自動車産業に大きな影響が生じる場合、消費増税延期やむなしとの声もある。

だが、武藤氏は「これまで2回延期してきており、再度延期すると相当な批判が出る可能性がある」との見方を示した。特に「今度の増税分は、教育無償化の原資に充てることが決まっている。2025年のプライマリーバランス(基礎的財政収支)黒字化目標達成計画でも織り込み済み」と述べ、予定通りの実施を希望した。

さらに戦後最長の景気回復が、今後は下降局面入りする可能性もあり「19年のタイミングで消費税引き上げを逃すと、財政再建の絵が描きにくくなる」と警告した。

同時に「来年10月までまだ時間があるため、消費税引き上げが確実か、と言われれば、わからない」とも述べ、再延期・凍結の可能性が残っているとの見方もにじませた。

さらに「金融政策が限界に来ており、財政への負荷が大きくなっている」との見解も示し、今後の景気後退局面での政策対応は、財政が中心との見通した。

日銀について「2%の物価目標を早期に達成するとのフレームワークが、現実には効果を上げていないことは、誰もがわかっている」としつつ、「しかし、金融政策には異次元緩和に着手したという現実の重さがある」ともコメント。現在の巨額の国債買い入れによる低金利政策は、当面継続せざるを得ないとの見解を示した。

日銀は今年7月、長期金利の誘導目標を事実上0.1%から0.2%まで許容する政策の微修正を行なったが、武藤氏は「ステルステーパリングではなく、長期化への備えだ」と評価した。

今後の金融政策については「当面出口に着手することはないだろう」との見解を示した。

*見出しを修正しました。

竹本能文、木原麗花 編集:田巻一彦

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below