June 19, 2019 / 8:41 PM / in 3 months

新NAFTA巡る民主党との見解相違、早期に解消可能=USTR代表

[ワシントン 19日 ロイター] - ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表は19日、北米自由貿易協定(NAFTA)に代わる「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」について、見解の相違解消に向け議員と共に取り組んでいく姿勢を示した。

ライトハイザー代表は下院公聴会で、民主党はUSMCAの労働と環境基準に関する部分を中心に懸念を示しているとし、これらの点に関する見解の相違は早期に解消できるとの見方を示した。

ただ民主党ペロシ下院院内総務はこの日、USMCAの批准に向け、履行手段、労働と環境保全のほか、医薬品などに関する数点の問題があると指摘。USMCAは単なる「甘い飾りを付けたNAFTA」になってはならないと述べた。

メキシコはこの日、USMCAを批准。カナダのトルドー首相はUSMCAの批准についてトランプ米大統領と協議するために20日にワシントンを訪問する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below