February 7, 2019 / 1:52 AM / 5 months ago

サッカー=バレンシア、ヘタフェ会長に人種差別発言の謝罪を要求

[バルセロナ 6日 ロイター] - サッカーのスペイン1部バレンシアは6日、同リーグで柴崎岳が所属するヘタフェのアンヘル・トーレス会長に対し、人種差別発言への謝罪を要求した。

トーレス会長はラジオでのインタビューで、バレンシアのDFのムクタル・ディアカビに対し人種差別的な発言をした。両者は先週にスペイン国王杯の準々決勝第2戦で対戦。バレンシアが合計スコア3─2で勝ち上がったものの、試合後に両チームの選手やスタッフが乱闘騒ぎを起こしていた。

ディアカビはこの乱闘に関与したとして4試合の出場停止処分を言い渡されている。

バレンシアの声明に対し、スペインサッカー連盟(REFE)とヘタフェは即座の回答をしていない。スペインメディアは、REFEはトーレス会長の発言を調査していると報じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below