for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米バンガード、日本と香港から撤退へ 中国本土に焦点

[上海 26日 ロイター] - 米資産運用会社バンガード・グループは26日、日本と香港から撤退すると発表した。香港上場投資信託(ETF)の取り扱いも中止する。

バンガードによると、香港では同社が注力する個人向けではなく機関投資家向けにサービスを提供している。

同社は発表文で香港ETF、強制退職積立金制度、インデックス投資に関する事業を6カ月から2年かけて「秩序立った形で」段階的に終了すると説明した。

バンガードはアジア部門の本拠地を香港に置いていた。2018年にはシンガポールから撤退している。

同社の広報担当者は別の声明で日本のオフィスも閉鎖し上海をアジアの主要な拠点とする方針を確認した。

「アジアにおける当社の今後の焦点は中国本土にある」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up