June 11, 2018 / 5:30 AM / 9 days ago

米バンガード、社員配当を97年以来の大幅引き上げ=アドバイザー

[ボストン 8日 ロイター] - 米資産運用大手バンガード・グループが2017年の社員配当を16.5%引き上げたことが、同社の動向に詳しい投資アドバイザー、ダニエル・ウィーナー氏の話で明らかになった。1997年以来の大幅な引き上げとなった。

バンガード投資家向けのニュースレターも手掛けるウィーナー氏は電子メールで、社員配当はバンガードの運用資産に概ね基づいていると説明。運用資産はここ数年で大幅に値上がりしている。

調査会社モーニングスターによると、バンガードの「バンガード500インデックス・ファンド」(VOO.P)のような主要インデックス型ファンドは昨年、差し引きベースで3290億ドルの資金が流入し、業界最大の流入額となった。これを受けてバンガードの運用資産総額は5兆ドルを突破した。

バンガードの広報担当はウィーナー氏が公表した配当額を確認することは差し控えると述べた。バンガードの「パートナーシップ・プラン」と呼ばれる社員配当制度については「スタッフと顧客の利益を一致させる」狙いがあるとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below