January 8, 2018 / 2:36 AM / 8 months ago

サッカー=ユベントス監督、ビデオ判定は「論争を呼ぶ」が評価

[ミラノ 7日 ロイター] - サッカーのイタリア・セリエA、ユベントスのマッシミリアーノ・アレグリ監督は、同リーグで今季から導入された「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」によるビデオ判定について「さらなる論争を呼んでいる」としつつも評価した。

 1月7日、サッカーのイタリア・セリエA、ユベントスのマッシミリアーノ・アレグリ監督は、同リーグで今季から導入された「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」によるビデオ判定について「さらなる論争を呼んでいる」としつつも評価した。2017年12月撮影(2018年 ロイター/Costas Baltas)

アレグリ監督は「VARは物議を醸すのを防ぐために導入されたが、実際は増えている。おそらく我々イタリア人はそういうものを煽るのが好きだからだ。イタリア人というのは試合を分析するのではなく、議論することを求める」と語った。

また、「VAR導入初年度だし、来季はもっとわかりやすくなるだろう。レフェリーは本当にがんばっているし、重要な局面での使い方を学んでいくだろう。どの試合でも判定が難しいものはある。それが自分たちに有利に働く時もあれば、その逆もある。それは受け入れなければならない」とし、VARは良いアイデアだと評価した。

VARはいくつかのリーグで試験的に導入されているが,サッカーの競技規則を改定する国際サッカー評議会(IFAB)は3月にVARの使用を本格導入するかどうか決定する見込み。

国際サッカー連盟(FIFA)はロシアで行われる今年のワールドカップ(W杯)での使用に前向きな姿勢を示している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below