August 20, 2018 / 12:07 AM / 3 months ago

ベネズエラ、仮想通貨ペトロとのペッグ制導入 実質96%切り下げ

8月17日、ベネズエラのマドゥロ大統領(写真)は、独自の仮想通貨ペトロにペッグした通貨制度の導入を発表した。カラカスで17日撮影。提供写真(2018年 ロイター)

[カラカス 17日 ロイター] - ベネズエラのマドゥロ大統領は17日、独自の仮想通貨ペトロにペッグした通貨制度の導入を発表した。実質的には96%の切り下げとなる。

マドゥロ大統領は、向こう数週間に最低賃金を3000%超引き上げ、法人税率を引き上げるほか、ガス価格を引き上げると明らかにした。

コンサルタント会社エコアナリティカのエコノミスト、アズドルバル・オリヴェロス氏は「大幅な切り下げと、最低賃金引き上げという金融の拡張で、一層深刻なハイパーインフレが起きるだろう」と指摘した。

大統領は為替レートを見直し、給料や年金、物価をペトロにペッグすると述べた。政府がこうした変更をどのように実行するのかは現時点で不明で、ロイターは情報省に取材を試みたが、まだ応答はない。

大統領の17日の説明によると、今回の改革で1ペトロは60ドル、3億6000万ボリバルに等しくなる。つまり、新たな相場は1ドル=600万ボリバルと、闇市場で広く使われている相場とほぼ同じになり、公式為替レート(DICOM)の現行水準である1ドル=24万8832ボリバルと比べて、96%の切り下げに相当する。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below