for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シェブロンのベネズエラ事業、米政府がライセンス更新

[ワシントン 1日 ロイター] - 米財務省は1日、ベネズエラで操業している最後の米石油大手シェブロンについて、12月1日まで同国内で操業できるようライセンスを更新したと明らかにした。

米国は社会主義体制を敷くマドゥロ大統領への圧力を強め、石油収入を途絶えさせるため、2019年からベネズエラに経済制裁を科し、ベネズエラ産石油の輸入と同国国営石油会社PDVSAとのドル建て取引を禁止している。

シェブロンは制裁の適用外として操業を継続している。トランプ前政権は昨年、掘削や取引などの主要活動を制限するようライセンスを変更していた。ライセンスは6月3日に期限が切れる予定となっていた。ライセンスの更新後もこの制限は続く。

ハリバートンやシュルンベルジェ、ベーカー・ヒューズなどのライセンスも更新された。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up