February 25, 2019 / 6:42 PM / 23 days ago

米、ベネズエラに追加制裁 支援物資阻止巡り州知事4人を対象

[ボゴタ 25日 ロイター] - 米政府は25日、政局混迷が続くベネズエラに対する追加制裁を発表した。マドゥロ政権の治安部隊が週末に人道支援物資の国内搬入を阻止したことを受け、搬入阻止に関与した州知事4人を制裁対象に追加した。

 2月25日、米政府は政局混迷が続くベネズエラに対する追加制裁を発表した。カラカスで1月、外交官を前にスピーチするマドゥロ大統領。提供写真(2019年 ロイター)

ムニューシン米財務長官は声明で「非合法なマドゥロ政権がベネズエラ市民のための国際支援を阻止したことは恥ずべき行為だ」と批判した。

ベネズエラ・ブラジル国境近辺では23日、米国が送った食料や医薬品などの人道支援物資を積んだ車両とマドゥロ政権を支持する治安部隊との間で衝突が発生。少なくとも3人が死亡、約300人が負傷した。

また、ペンス米副大統領はこの日、コロンビア・ボゴタで開催されている米州諸国で構成する「リマ・グループ」の会合に出席し、米国が5600万ドルの追加的な人道支援を用意していることを明らかにした。

その上で、「リマ・グループを構成する全諸国に対し、ベネズエラ国営石油会社PDVSAの資産を凍結するよう求める。さらに、リマ・グループ諸国にあるベネズエラ資産を同国の暫定大統領を宣言したグアイド国会議長に移管するよう要請する」とし、マドゥロ政権退陣に向けた圧力を強めるよう訴えた。

さらに、マドゥロ大統領に近い政府高官らへのビザ発給を制限し、グアイド氏を大統領として承認するよう求めた。

ペンス副大統領は「米国は今後、マドゥロ政権の腐敗した金融ネットワークに対して一段の制裁措置を発動させる」とし、制裁強化を示唆。「マドゥロ政権がベネズエラ国民から搾取した資金を完全に国民に返還するまで、米国はともに取り組んでいく」と述べた。

同会合にはベネズエラの暫定大統領就任を宣言したグアイド国会議長も出席。ペンス副大統領は、軍のメンバーが支持に回れば恩赦を与えるというグアイド氏の姿勢に改めて支持を表明した。

リマ・グループは会合終了に合わせて共同声明を発表し、マドゥロ大統領が地域の平和・治安に対する脅威だとし、同大統領の速やかな退陣、民主主義への移行、自由選挙を呼び掛けた。

グアイド氏は、マドゥロ大統領を退陣に追い込むために「すべての選択肢」を検討するようリマ・グループに求めている。ただ同グループは声明で「民主主義への移行は、ベネズエラ国民自身によって平和的に、憲法・国際法の枠組みの範囲で行われる必要があるとの考えを改めて表明する」とした。

23日以降に離反したベネズエラ軍関係者は少なくとも167人に上り、コロンビアに向かう離反者の数はさらに増えることが見込まれている。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below