Reuters logo
ベネチア映画祭、メキシコのデル・トロ監督作品に金獅子賞 
2017年9月11日 / 00:48 / 2ヶ月後

ベネチア映画祭、メキシコのデル・トロ監督作品に金獅子賞 

[ベネチア 9日 ロイター] - イタリアで開催されていた第74回ベネチア国際映画祭の授賞式が9日夜開催され、コンペティション部門の最高賞である金獅子賞にメキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督の米国映画「シェイプ・オブ・ウオーター」が選ばれた。是枝裕和監督の「三度目の殺人」は受賞を逃した。

 9月9日、イタリアで開催されていた第74回ベネチア国際映画祭の授賞式が開催され、コンペティション部門の最高賞である金獅子賞にメキシコ出身のギレルモ・デル・トロ監督(写真)の米国映画「シェイプ・オブ・ウオーター」が選ばれた(2017年 ロイター/Alessandro Bianchi)

同作品は、米国政府の極秘機関に捕らえられた半魚人と、機関の女性清掃員の恋を描いたダークファンタジー。

デル・トロ監督は「この受賞を、成功を夢見るすべての若いメキシコの、また中南米の映画製作者に捧げたい。不可能だと多くの人に言われたが、現実になった」と語った。

また銀獅子賞(審査員大賞)は、イスラエルのサミュエル・マオス監督の「フォックストロット」が受賞。

銀獅子賞(監督賞)には「親権」のグザビエ・ルグラン監督が選出された。

女優賞にはイタリア映画「アンナ」の演技でシャーロット・ランプリング、男優賞には「インサルト」のカメル・エル・バシャがそれぞれ選ばれた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below