December 11, 2018 / 4:26 PM / 4 months ago

UPDATE 1-米ベライゾン、子会社や解雇関連の費用発生 約60億ドル

(内容を追加しました)

[11日 ロイター] - 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは11日、デジタルメディア子会社「Oath(オース)」に関連する費用として46億ドル、解雇関連費用として最大21億ドルが第4・四半期に発生すると発表した。

ベライゾンは、AOLやヤフーのウェブサイトを運営するオースが引き続き競争圧力にさらされていると指摘。同社は以前、オースの売上高目標は達成できない見込みと発表していた。

またベライゾンは10日、来年半ばまでに従業員1万0400人を削減すると発表。解雇される従業員は勤続年数により、最大で60週間の給与や賞与、手当などを受け取る見通し。

ベライゾンによると、今回発生する費用のほとんどは10日に発表した従業員削減や他の人員削減によるものという。

税引き後では、解雇関連費用は13億─16億ドル、オース関連費用は45億ドルとなる。

アナリストによる第4・四半期の1株利益予想は平均で1.08ドル。

ベライゾンは1月29日に第4・四半期決算の発表を予定している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below