July 24, 2020 / 2:49 PM / 17 days ago

米ベライゾン、第2四半期は予想上回る コロナで通信需要増

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズが24日発表した第2・四半期決算(6月30日まで)は、売上高と利益が予想を上回った(2020年 ロイター/Rick Wilking)

[24日 ロイター] - 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ.N)が24日発表した第2・四半期決算(6月30日まで)は、売上高と利益が予想を上回った。新型コロナウイルスの感染拡大を抑制するロックダウン(都市封鎖)措置により、在宅勤務などが急速に広がり、電話やインターネットサービスへの需要が高まった。

外出自粛要請によって店舗への来客数が減少し、新規加入が抑制されたが、インターネットサービスへの需要増が支援したほか、月額料金を支払う携帯電話契約者数が増加した。

第2・四半期の月額払い(ポストペイド)契約者数は17万3000人増と、調査会社ファクトセットのアナリスト予想平均6万1200人増を大きく上回った。

総営業収入は5.1%減の304億ドル。ロックダウン措置に伴う店舗閉鎖により、端末販売が減少したためとしたが、リフィニティブのIBESデータのアナリスト予想平均299億3000万ドルを上回った。

もっとも、段階的な店舗再開は進めており、第2・四半期末時点では6割以上の直営店が営業しているとした。

ヤフーやハフポスト、テッククランチを含むメディア部門の収入は24.5%減の14億ドル。経費抑制に向け広告費を削減したためという。

純利益は48億4000万ドル(1株当たり1.13ドル)。前年同期は40億7000万ドル(同0.95ドル)だった。

特別項目を除く1株利益は1.18ドル。アナリスト予想平均の1.15ドルを上回った。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below