for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米ベライゾン、通期利益は予想レンジ下限想定 改修費用など重し

米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは22日、通期の調整後1株利益が5.40─5.55ドルの予想レンジの下限になるとの見通しを発表した。2021年11月撮影(2022年 ロイター/Andrew Kelly)

[22日 ロイター] - 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズは22日、通期の調整後1株利益が5.40─5.55ドルの予想レンジの下限になるとの見通しを発表した。アナリスト予想は5.45ドル。ネットワークの改修費用が重しとなるほか、インフレ高進を背景に顧客が高価格帯プランなどを敬遠しているという。

株価は序盤の取引で一時5.8%安。

通期のワイヤレスサービス収入の伸びも前回予想レンジである9─10%の下限になるという。

2022年第1・四半期(1─3月)の売上高は336億ドル、調整後1株利益は1.35ドル。市場予想に一致した。

第1・四半期の月額払い(ポストペイド)契約者数は3万6000人減少。ファクトセットの予想は4万9300人減だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up