for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ウィーンの動物園でパンダの赤ちゃん誕生、体長10センチ

 8月8日、オーストリアの首都ウィーンのシェーンブルン動物園は、ジャイアントパンダの赤ちゃんが自然妊娠により誕生したと発表した(2016年 ロイター/Schoenbrunn Zoo)

[ウィーン 8日 ロイター] - オーストリアの首都ウィーンのシェーンブルン動物園は8日、ジャイアントパンダの赤ちゃんが自然妊娠により誕生したと発表した。

赤ちゃんは現地時間7日午前5時05分に生まれ、体長10センチで体重は100グラムだという。

動物園が公開した写真と映像では、ピンク色の赤ちゃんが母親パンダの「ヤンヤン」と一緒にいる姿が確認できる。ヤンヤンはこれまで、自然妊娠により他にも3頭のパンダを出産した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up