for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ベトナム中銀、金利を1%引き上げ インフレ抑制狙い

ベトナム中央銀行は22日、政策金利を100ベーシスポイント(bp)引き上げると発表した。ハノイの政府系銀行が入るビル、2017年撮影。(2022年 ロイター/Kham)

[ハノイ 22日 ロイター] - ベトナム中央銀行は22日、政策金利を100ベーシスポイント(bp)引き上げると発表した。今年のインフレ率を4%以下に抑えることを目指す。

リファイナンス金利は5.0%、公定歩合は3.5%とし、23日から適用する。

ファム・ミン・チン首相は今週、中銀に政策金利を再検討するよう求めていた。

リフィニティブ・アイコンのデータによると、ドンの対ドル相場は9営業日連続で下落し、1ドル=2万3700ドンと、少なくとも1993年以来の安値となった。

中銀のグエン・ティ・ホン総裁は22日、利上げ発表に先立ち、ベトナム経済の最大の課題はインフレを抑制することだと述べていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up