July 9, 2019 / 6:50 PM / 7 days ago

英ヴァージン宇宙旅行会社、年内にIPOへ

7月9日、英実業家リチャード・ブランソン氏は同氏率いる宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティックが年内に新規株式公開を実施する計画を発表した。カリフォルニア州モハベで2月撮影(2019年 ロイター/GENE BLEVINS)

[9日 ロイター] - 英実業家リチャード・ブランソン氏は9日、同氏率いる宇宙旅行会社ヴァージン・ギャラクティックが年内に新規株式公開(IPO)を実施する計画を発表した。

IPOを通じ資金を確保し、宇宙旅行で競う米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)のジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)率いるブルーオリジンや電気自動車テスラ(TSLA.O)のイーロン・マスク氏が率いるスペースXに攻勢をかける。

ヴァージン・ギャラクティックは上場に向け、特別買収目的会社(SPAC)のソーシャル・キャピタル・ヘドソフィア・ホールディングス(IPOA.N)と合併する。

関係筋によると、ソーシャル・キャピタルは約8億ドルを支払い、ヴァージン・ギャラクティックの株式49%を取得する。ソーシャル・キャピタルとの合併によって、ヴァージン・ギャラクティックは早期にIPOを実現できるという。

ソーシャル・キャピタルの最高経営責任者(CEO)Chamath Palihapitiya氏は合併の一環で1億ドルを投じ、合併後の新会社の会長になる。

ヴァージン・ギャラクティックは宇宙旅行の商用化を目指し、2004年に創業。これまでに有人の飛行試験も実施している。すでに60カ国超の数百人から宇宙旅行の予約が集まっており、俳優のレオナルド・ディカプリオ氏や歌手のジャスティン・ビーバー氏らも含まれるという。

宇宙旅行は90分で、費用は約25万ドル。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below