for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

英ボーダフォン、携帯4位のスリーと統合目指す 業界トップへ

 10月3日、英通信大手ボーダフォンは香港の複合企業、長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス)と英国の携帯電話事業の統合について協議していると発表した。写真はボーダフォンのロゴ。スペイン・ロンダで撮影(2022年 ロイター/Jon Nazca)

[ロンドン 3日 ロイター] - 英通信大手ボーダフォンは3日、香港の複合企業、長江和記実業(CKハチソン・ホールディングス)と英国の携帯電話事業の統合について協議していると発表した。

実現すれば業界最大手となり、高速通信規格「5G」の展開とブロードバンドネットワークの拡大を加速させる。

ボーダフォンが新会社の株式の51%、ハチソンが49%を保有する方向で協議を進めているとした。現金のやりとりではなく、債務の所有権を調整するという。

英携帯3位のボーダフォンと4位のハチソン傘下のスリーUKが統合すれば、顧客は約2700万人となり、首位のBT傘下のEE、2位のヴァージン・メディアO2を上回る。

スカイの報道によると、ボーダフォンとハチソンは年末までに合意したい意向。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up