for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アウディCEO、来夏までの半導体供給安定化を期待=独紙

 11月2日、独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー、アウディのマルクス・ドゥスマン最高経営責任者(CEO)は独紙アウグスブルガー・アルゲマイネに対し、半導体供給は少なくとも2022年夏まで厳しい状況が続くとの見通しを示した。写真はアウディのロゴ。ブリュッセルで昨年5月撮影(2021年 ロイター/Yves Herman)

[フランクフルト 2日 ロイター] - 独フォルクスワーゲン(VW)傘下の高級車メーカー、アウディのマルクス・ドゥスマン最高経営責任者(CEO)は独紙アウグスブルガー・アルゲマイネに対し、半導体供給は少なくとも2022年夏まで厳しい状況が続くとの見通しを示した。

同紙によると、VWの経営陣にも名を連ねるドゥスマン氏は「22年の上半期末には生産と半導体出荷を安定化できると期待している」と語った。

ドゥスマン氏は先月、ロイターに対し、アウディは車載半導体不足の対処に日々追われており、「破滅的な状況」になっていると説明していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up