for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ポルシェ、独化学大手BASFとEV用高性能電池を共同開発へ

 ドイツ化学大手BASFは21日、高級スポーツ車メーカーのポルシェと電池メーカーのカスタムセルズの合弁会社セルフォース・グループから、電気自動車(EV)向け高性能リチウムイオン電池の開発で独占パートナーに選ばれたと発表した。写真はポルシェのロゴ。ブリュッセルで昨年5月撮影(2021年 ロイター/Yves Herman)

[ベルリン 21日 ロイター] - ドイツ化学大手BASFは21日、高級スポーツ車メーカーのポルシェと電池メーカーのカスタムセルズの合弁会社セルフォース・グループから、電気自動車(EV)向け高性能リチウムイオン電池の開発で独占パートナーに選ばれたと発表した。

提携の一環として、BASFは高速充電が可能でエネルギー密度の高い高性能電池セルの原材料を提供。セルフォース・グループが電池の生産を手掛ける。

複数の関係者がロイターに先月語ったところでは、ポルシェ親会社のフォルクスワーゲン(VW)が、電池材料の世界最大級のサプライヤーであるBASFとの関係強化を求めていたという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up