October 1, 2015 / 5:02 AM / in 5 years

情報BOX:独VW、排ガス不正の代償はどこまで膨らむか

[30日 ロイター] - ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)(VOWG_p.DE)は、米国でディーゼルエンジン車の排ガス規制を不正に逃れていたことを認めた。欧州最大の自動車メーカーであるVWは時価総額の3分の1を失い、創業以来78年に及ぶ歴史のなかで、最大の危機に陥っている。

 9月30日、VWは排ガス不正で時価総額の3分の1を失い、創業以来78年に及ぶ歴史のなかで、最大の危機に陥っている。写真は同社ロゴ。ロンドンで撮影(2015年 ロイター/Stefan Wermuth)

以下は、VWが支払いを迫られる可能性のあるコストの試算。不正に伴う販売台数の減少や、販売価格の下落などの影響は除外している。

<リコールコスト>

VWは9月29日、違法ソフトウエアを搭載した最大1100万台をリコールすると表明。コストは65億ドルを上回る可能性がある。

<規制当局>

米環境保護庁(EPA)は9月18日、VWは米国での排ガス規制逃れに伴い、最大180億ドルの罰金に直面していると発表した。

独運輸省は、VWが欧州でも規制逃れをしていたと明らかにした。

欧州、およびアジアと中米の一部の規制当局も調査に乗り出した。

<政府当局>

米カリフォルニア州は、VWに対して是正措置を準備している。

VWは、米大気浄化法に基づき、訴訟を起こされる可能性もある。

ドイツ検察当局は9月23日、市民からの刑事告訴が相次いでいることを受けて、VWに対する初期的な捜査に乗り出したことを明らかにした。ドイツ以外の複数の国でも、検察が捜査に着手しているという。

<訴訟>

複数の独立系ディーラーは、排ガス不正発覚に伴う損失への賠償を求めて、9月24日にカリフォルニア州でVWを提訴した。

米国では、排ガス不正操作の影響を受けた自動車のオーナーによる提訴が相次いでおり、訴訟の動きは今後、一段と広がる可能性がある。

米法律事務所のロビンス・ゲラー・ルドマン・アンド・ダウドは9月25日、機関投資家の代理で、VWを相手取り集団訴訟を起こした。

VW株急落を受けて、欧州の一部の株主も、訴訟を検討している。

<補助金返還>

スペインは9月29日、VWが不正車に対する補助金を返還することで合意したと発表した。スペインは、エネルギー効率の良い車の購入に際して、1000ユーロ(1120ドル)の補助金を出している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below